MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

富田林市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報



バストイレも別で家賃は3.7万円。丁度二階に寝室と仕事部屋を設けるような間取りです。 彼の希望は、市内のマンションで2DK( 和室 6畳 和室 6畳 ダイニングキッチン 5帖 )、一応振分け式で間取りはいいですが、言っても普通のマンションという感じで内装は古い感じで和室オンリーというのも気になります。ユニットバスで家賃は4万円。 市内の好立地にある為、彼は利便性がとてもイイヨ!と押してきます。 利便性は確かに大事ですが、その一戸建ても別にめちゃくちゃ悪いというようには思えません。確かに田舎ですが、市内にも事務所側にも出やすい距離ですし、駅からは徒歩10分以内です。彼は5分以内を熱望していますが。 市内だと休みの日に遊びに行くのも便利だしイイヨ!とも言いますが、確かに彼のいうマンションの方が自転車で何でも行ける都心部だし、いいですが、別にこっち(一戸建て)の方でも出ようと思えば簡単に出れる距離です。今住んでいるところは市内に出ようと思えば電車で40分くらいは余裕でかかります。でも彼の言い分は今は俺が此処に土地勘もあるから苦ではないけど、そこの一戸建ての付近はほんとに何もないよ?と。 スーパーなど最低限のものはありますが、基本的には住宅地です。 でも今私が家で仕事をしていても一戸建てというのは伸び伸びとしていて気を遣わず住み易いし、私は今でもしょっちゅう遊びに行くことは無いので(休日に一緒に出かけられれば十分)利便性より仕事のしやすさや住み易さ、綺麗に拘りたいのです。 何より庭付きだし、同じような家賃出すならこっちの方が仕事場も完全に二階って出来るし、良いかなぁとも思うのですが。 彼は口も上手く、今まで何かある度に丸め込まれてきましたが、今回ばかりは勝ちたいです。 でも彼の言い分の分からなくはないのですが、皆さんならどうしますか?
格差が拡大してるって、本当ですか?実感がわきません。 仕事柄、他人の家にお邪魔することが多いのですけど、 家の変遷を見ていると、格差は縮小しているのではと思います。 たとえば、私の曽祖母の家は、明治期まで農村の質屋兼地主 でした。もちろん、全国的にはまったく無名のショボイ家です。 で、使用人は長屋門に住まわしてました。門の上です。 農家の3男坊が、納屋やらに住まわされてた、なんて話は 全国的によく聞くと思いますが、門ですよ。 はっきり言って馬屋よか小さい。馬以下の扱いです。 明治期の財閥の家、岩崎家など、すごいですよね。 家というか迎賓館に近いような。歴史的建造物ですよね。 一方、最近は全国的に名が知れた会社の社長の家ですら、 大きくて立派ではありますが、普通の家です。 歴史的建造物として重要文化財になるなんてありえません。 今時の住居として最低レベルは、猫の額の土地に、建売住宅。 しかし、一通りの設備はついていて、小奇麗で、悲壮さは感じません。 戦後のトタンの平屋の借家よかずっと基本性能は高いですし、 中卒の塗装工でも、ちゃんと買えて幸せ家族です。